モグワン安全性!添加物・塩分量など危険性がないか調査

モグワンで下痢になる原因モグワンドッグフード情報

モグワンは犬の体に負担をかける添加物を使用せず、原材料も安全なものだけを使用して作られているドッグフードです。

犬の健康を支えるモグワンですが、合わない犬もいるためモグワンは危険なドッグフードだと判断されてしまうこともあります。

では、何が原因でお腹に調子を悪くしてしまうのか?添加物に副作用はないのか?詳しくまとめました。

モグワンドッグフード原材料の安全性について

モグワンには一切添加物は使用していませんと説明しているサイトもありますが、天然由来の添加物は使用しています。

モグワンには犬に必要なビタミン類・ミネラル類がたっぷりと配合された原材料を使用していますが、製造中に加熱処理されるときに減少してしまうため、犬の健康に必要なビタミンやミネラルなどの成分を添加してします。

モグワンは安全!危険な防腐剤(合成保存料)不使用!

モグワンは酸化防止剤として、安全性の高いミックストコフェロール(ビタミンE)を配合しています。

ドッグフードは開封後、空気に触れると酸化をしてしまいます。

この酸化をできるだけ防ぐためには、どうしても酸化防止剤は必要です。

長期間保存することを可能にしている合成保存料(BHA・BHT・エトキシン)などは、犬の健康寿命に悪影響を与えているのではと、獣医師の中でも考えれています。

モグワンには、犬の健康を害する恐れのあるこれらの防腐剤は一切使用していません。

かわりに、天然の添加物を使用することで酸化を防いでいます。

モグワンは完全無添加ドッグフードではありません。

イギリスから日本への輸送中や開封後に酸化を防ぐために、天然の酸化防止剤を配合しています。

犬の健康のためには無添加のものがいいという傾向がありますが、ドッグフードは作られて2~3日で食べきれるものではありません。

酸化防止剤を使わなければ、開封後どんどんと酸化を始めてしまい、無添加なのに犬の健康に悪い結果になってしまいます。

ドッグフードは開封し空気に触れた瞬間から酸化が始まり、同時に栄養価の低下も始まってしまいます。

酸化や栄養価の低下を防ぐためにも、酸化防止剤は必要になってきます。

無添加ドッグフードと書かれていると、添加物は一切使用されていないと考えますが、実際には無添加表示はかなりあいまいです。

たとえば、「着色料無添加」と書かれているものには、着色料は使っていないが合成の防腐剤や香料は使われているといった場合があります。

また、酸化防止剤や保存料は不使用だけど、合成の着色料を使用しているものも『無添加』として表示することが可能です。

モグワンは、このような購入者をだますようなフードではありません。

モグワンの塩分量は犬の体に害はないから安全

モグワンの塩分は後から添加されたものではなく、素材そのものに含まれる塩分量です

モグワンに含まれる塩分量は、100gあたり0.29%の量と公表されています。

この値は一般で販売されているドッグフードと比べてみても、決して多く配合されているわけではありません。

「モグワン ダメ」で検索すると、犬は汗をかかない生き物だから、塩分は必要ないと書かれいるものがあります。

しかし、過剰にとった塩分を犬は尿やウンチとして排出することができるので、微量な塩分にまで過剰反応する必要はまったくないのです。

反対に塩分不足による、疲労感や情緒不安定になることのほうが心配です。

モグワンのリン・マグネシウム・カルシウムの成分値にも問題はなし

ドッグフードの成分値の基準となるのが、AAFCOの成分値です。

これを参考にして、モグワンの成分値と比べてみると

AAFCOモグワン
リン0.5~1.6%1.27%
マグネシウム0.04~0.3%0.17%
カルシウム 0.6~2.5%1.65%
カルシウム:リンの比率1:1~2:11:0.8

すべてが基準内に収まっています。

ここでもう一つ注意しておかないといけないのが、リンとカルシウムの比率です。

どちらかが極端に少なくなると、バランスが悪くなるためストルバイト結石を予防することはできません。

AAFCOの基準値はかなり幅がありますが、理想的なバランスは1:0.8と言われていますので、モグワンは理想的なバランスと言って間違いないでしょう。

モグワンはミネラルを過剰摂取することなく、理想的なバランスで配合されているので、尿路結石を予防したい犬にも安心して与えることができます

モグワンの原材料は遺伝子組み換えされていないので安全安心

モグワンの原材料

モグワンに使われている原材料には、すべて人間が食べれる食材を厳選

遺伝子組み換え原材料は一切使っていません。

モグワンの原材料

チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン、コンドロイチン、乳酸菌

モグワンに配合されているアルファルファに危険性はないの?

モグワンに配合されているアルファルファは、犬には有毒だって話もあるけど大丈夫?

モグワンに配合されているアルファルファは、過剰に与えると下痢や嘔吐といった症状が出る恐れがあります。

そのため、アルファルファが原材料として使われているモグワンに不安を感じる方がいますが、モグワンには犬の健康に害を及ぼすほどの量は配合されていません。

アルファルファは牧草の一種で、犬や猫に使えるハーブです。

栄養補給作用・抗炎症作用・抗酸化作用・利尿作用があり、関節炎・膀胱炎の犬

また、細胞を活性化させ、ガンの予防としても使っておきたいハーブです。

アルファルファにはミネラルやビタミンが豊富に含まれ、適量であれば安心して与えることができます。

モグワン製造工場の安全性

モグワンが作られている工場は、欧州ペットフード業界連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアした施設で、ペット先進国イギリスの中でも特に評価の高いペットフード専門工場です。

モグワンに使われている原材料は、工場に届くとそれぞれが品質テストにかけられ、この品質テストにパスした原材料だけを使用してドッグフードは製造されます。

ヒューマングレードの原材料を使用し、さらに生産前に原材料が安全なものかどうかを厳しくチェックされているモグワンは、素材の良さ・安全性において安心できます。

まとめ

ネットの中には、「モグワンなら大丈夫です!」といった情報もありますが、病気によっては「モグワンは与えてはいけないドッグフード」だったりすることもあり、情報がすべて正しいとはいえません

モグワンで吐いた・下痢・軟便になったと聞くと、モグワンの購入に不安を感じる飼い主さんもいらっしゃると思います。

犬によってはどんな安全な原材料で作られたドッグフードでも、どうしても体質に合わない犬もいますし、また食べさせかたや与えたタイミングなどによって体調を悪くすることもあります。

モグワンの給与量どおりに与えても、今まで食べていたドッグフードと違うため消化吸収できずに、お腹が緩くなってしまうワンちゃんもいます。

でも、どんなに消化吸収に優れたフードでも、どうしてもお腹の調子を崩してしまうワンコも実際にはいます。

これは実際に食べさせてみないと、犬の体に合うかどうかの判断はできません。

モグワンでは、ドッグフードについて気になることをアドバイザーに聞くこともできますので、心配な方はぜひこちらもご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました