モグワンドッグフードで涙やけは治らない?皮膚トラブルの改善は?

モグワン涙やけが治る犬モグワンドッグフード情報

モグワンは、犬の体に負担をかけない添加物や穀類を不使用。

腸内環境を整える乳酸菌の配合することにより、涙やけ・食糞・食物アレルギーの改善に期待ができるドッグフードです。

モグワンの口コミを調べてみると、モグワンに変えてから涙やけが治った、涙やけが変わらない。涙やけが悪化した、といったものがあります。

そこで、どんなタイプの犬がモグワンで涙やけを改善できたのか?を調べてみました。

モグワンが涙やけの悩みを解消してくれる3つの理由

モグワン涙やけ

モグワンは涙やけの改善を目的とした専用のドッグフードではありませんがモグワンの3つの特徴から涙やけを改善することが期待できます。

  1. 乳酸菌・食物繊維の配合で腸内環境がよくなる
  2. グレインフリードッグフードだから消化に負担がかからない
  3. サーモン配合で脂質が控えめになっている

最近の研究で、涙やけにはドッグフードが大きく関係していることもわかってきてます。

乳酸菌。食物繊維がしっかりと配合されているから

ドッグフードと涙やけがどう関係しているのかについて、帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科のこの研究結果が参考になります。

涙やけが改善されたと言われるフード の原材料を調査すると、原材料に乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維などが使用

引用元:帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科

モグワンはこの研究結果に書かれているドッグフードの条件に当てはまることから、涙やけに悩む犬に食べさせることで良い結果を期待できるといえます。

低脂質のグレインフリードッグフードだから

犬の涙やけは「穀類などの消化の悪い原材料を使わす、高たんぱくなグレンフリードッグフードを与えるのが良い」といった情報があります。

この話は、まったくの嘘ではありませんが、注意してほしい点があります。

それは、高たんぱく質のドッグフードも涙やけの原因になってしまうということです。

グレンフリーの多くは、たんぱく質の値が高いため、脂質も高くなってしまいます。

しかし、あまり広いといえない日本の家のなかで、ほとんどの時間を過ごす犬にとって高たんぱく・高脂質すぎるドッグフードは、涙管を詰まらせてしまう原因の一つになっているんです。

モグワンはたんぱく質の値が28%とグレインフリードッグフードとしては少なく、また低脂肪な点も涙やけの改善に期待できるドッグフードです。

モグワンで涙やけが改善できない犬もいる

「モグワンを続ければ涙やけが完璧に治ってくれる!」こんな期待しますが、犬の体質によってはモグワンを続けても涙やけが改善できない、涙やけが悪化してしまう犬もいます。

犬の涙やけの原因は、先天的なもの、病気によるもの、老廃物のつまりによるものなど犬によって違います。

涙管に老廃物がたまっていることが原因の涙やけは、モグワンで涙やけが治ってしまうこともありますが、涙やけの原因が他にある場合には、涙やけは軽くなっても治ることはありません

モグワンに切り替えることで涙やけが改善できるのは「鼻涙管の老廃物が詰まっている」涙やけだけです。

鼻涙管が細く詰まりやす犬の中には、成長するにつれ涙管が太くなると自然に涙やけが治っていく犬もいます。

ところが、この時期に消化の悪い原材料を多く使っているドッグフードを与えていると、溜まった老廃物が原因で本来なら自然に涙やけが改善されるワンコでも治っていきません。

また、目の病気(白内障・緑内障・流涙症・角膜炎)などが原因の場合には、モグワンに切り替えても涙やけや目やにが治ることはありません。

モグワンが食糞の改善にも期待できる2つの理由

モグワン

犬の行動で飼い主を悩ませるのは「食糞」うんちを食べる行為です。

じつはモグワンに変えてから犬がウンチを食べなくなったといった話はよくあり、ウンチの状態が良くなり食糞をしなくなった犬もいます。

モグワンを食べることで、飼い主さんの悩みでもある食糞の癖がなくなるのには3つの理由が考えられます。

  1. 犬に必要なたんぱく質をしっかり摂ることができる
  2. 消化吸収が良くウンチにフードの匂いが残りにくい
  3. 腸内環境がよくなることで食糞をしなくなる

犬の食糞の原因は飼い主の気を引くため、母犬の真似をしている、ストレスの解消など犬によって原因が様々です。

このなかで一番多いのが『栄養が足りない』『消化吸収率が悪い』といったドッグフードによる問題です。

モグワンは消化吸収率がいいから食糞をしなくなる

モグワンは、犬の健康維持に必要なタンパク質を豊富に配合し消化吸収率も高いので、ウンチにはフードの匂いが残りにくく、犬はウンチを食べ物だと勘違いしません。

また、栄養がしっかりと摂ることができれば、体と脳が満足して排出したもので足りない栄養を補おうとはしません。

ウンチに関心が強いワンちゃんの場合、モグワンに切り替えることでウンチに興味がなくなり食糞の癖がなくなることが期待できるのです。

お腹の調子が整うことで食糞をしなくなる

犬の食糞の原因の一つに、腸内環境の悪化があります。

犬の腸内環境が悪いままではしっかり消化吸収をすることができないため、犬は食べ物と勘違いして食糞をしてしまいます。

モグワンには、お腹の調子を整えるビール酵母・乳酸菌が配合されていますので、続けて食べることで少しずつお腹の調子が整っていき、結果として食糞の癖がなくなっていきます。

また、腸内環境の悪化や乱れは食糞だけではなく、被毛のトラブル(毛艶・毛並み・湿疹)、ドロッとした涙なども、お腹の調子が整っていないとなかなか改善することはできません。

お腹の調子を整えていくことが犬の健康をサポートするのには一番重要といっても間違いありません。

モグワンに配合されている乳酸菌で、腸内環境をしっかりと整えてみてください。

モグワンで穀物アレルギーの改善にも期待ができる3つの理由

アレルギーの犬

モグワンは消化に負担をかける穀類や人工添加物を配合しないことで、穀類や添加物によるアレルギーの犬の被毛改善に期待ができます。

  1. 犬が消化しにくい穀物不使用
  2. 犬の体に負担をかける人口添加物不使用
  3. 犬の被毛や皮膚の健康維持に必要な良質なたんぱく質配合

アレルギーの原因になりやすい穀類・人口添加物不使用

犬の食物アレルギーの原因となるのは、穀類(小麦・トウモロコシ・大豆・大麦)・卵や乳製品・肉類(牛・鶏・豚・ラム)など、犬によって様々です。

なかでも犬の食物アレルギーの原因となりやすいのが穀類です。

犬にとってすべての穀類が体に悪いわけではありませんが、粗悪な穀物を与える、大量に穀物製品を与えるなどすると犬は消化しきれません。

また、小麦に含まれるグルテンは、犬にとってアレルゲンとなりやすい食材です。

モグワンには犬の消化に負担がかかる小麦やトウモロコシなどの穀物は配合されていません

犬の食物アレルギーとして、原材料に目を光らせる飼い主さんは多くいますが、じつは犬のアレルギーの原因として増えてきているのが「人口添加物」の存在です。

モグワンは人口添加物を使用していない点もアレルギー予防として良いドッグフードだといえます。

犬の被毛のバリア機能を高める良質なたんぱく質を使用

犬の被毛や皮膚の健康を維持するためには、良質なたんぱく質をしっかりと摂る必要があります。

たんぱく質には動物性と植物性の2種類がありますが、皮膚や被毛を健康な状態にするためには必須アミノ酸をバランスよく含む動物性たんぱく質が適しています。

モグワンには、チキンとサーモン2種類の動物性たんぱく質を配合しているので、被毛や皮膚機能の向上が期待できます。

被毛のバリア機能を高める良質なタンパク質と必須脂肪酸オメガ3の配合により、皮膚のバリア機能を高めることでアレルギー改善に期待できます。

犬の湿疹の原因が添加物や穀類が原因の湿疹の場合、モグワンを食べることで徐々に湿疹がおさまる可能性があります。

犬の食物アレルギーの原因は、犬によって食べてはダメな食材や注意が必要な食材が違うため、モグワンで必ず症状が良くなるとは言い切れません。

ですが、下記のことが原因の犬にはモグワンでアレルギーの改善が期待できます。

  • 小麦アレルギーの犬
  • トウモロコシのアレルギーがある犬
  • 合成添加物に敏感に反応してしまう犬

アトピー性皮膚炎の犬は様々な原因が絡み合って痒みを引き起こしますが、原因の一つとして食べ物も関係していると考えられています。

人口添加物・コーティングの油脂を使用していないモグワンで被毛を内側からケアすることもよいでしょう。

モグワンは毛並みを良くすることも期待できる2つの理由

モグワンの効果で毛並みがきれいな犬

犬の毛並や毛艶は、食べるものに大きく影響されます。

「モグワンに変えたら毛並みが良くなった」と言った声は嘘ではありません。

犬の毛並みを良くするために、次の2つが大切なポイントになります。

  • 良質な動物性タンパク質が配合されていること
  • 良質な脂質(必須脂肪酸)がしっかり摂れること

モグワンにはミール類などの質の悪い動物性たんぱく質も使用していません。

必須脂肪酸のオメガ6とオメガ3や、ココナッツオイの配合も、ワンコの毛並みの状態を良くしてくれます。

本来肉食だった犬には肉や魚などの動物性たんぱく質が不足すると、栄養不足になり毛艶が悪くなってしまいます。

なかでも必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸は、皮膚や被毛を健康にしアレルギーの抑制にも良く、積極的に摂取させたい成分として注目されています。

モグワンは、体内で生成できないオメガ3脂肪酸であるサーモオイルを配合することで毛艶の改善に期待できます。

まとめ

モグワンは犬の腸内環境を整え、消化吸収の良いドッグフードです。

食べてすぐに涙やけや食糞などの改善にはつながりませんが、腸内環境が良くなっていくことで、良い変化を実感できるようになります。

お腹の調子を整えていくことが犬の健康をサポートするのには一番重要といっても間違いありません。

愛犬の健康状態が気になるかたは、ぜひ一度モグワンを食べさせてみてください。

タイトルとURLをコピーしました