モグワン カナガン違い

モグワンドッグフード情報

株式会社レティシアンから販売されているモグワンとカナガンドッグフード

粒の大きさや形が、メイン原材料にチキンを使っている、涙やけの改善に良かったなど、よく似ていることから、どっちが自分のワンコに合うのか気になってませんか?

そこで、コスパ・安全性・栄養成分から、モグワンカナガンどっちが合うのかを調査しまとめました。

モグワンとカナガン、原材料による違い

モグワンドッグフード

ヒューマングレードの原材料を使用、グレインフリードッグフード、粒の大きさ・形状、これらがよく似ているモグワンとカナガンですが、原材料などを見比べるとハッキリとした違いがわかります。

モグワンカナガン
主原材料チキン&サーモン56%
(チキン生肉21%、
生サーモン12%、
乾燥チキン12%、
乾燥サーモン7%、
チキングレイビー2%、
サーモンオイル2%)
チキン生肉26%、
乾燥チキン25%
その他の原材料サツマイモ、エンドウ豆、
レンズ豆、ひよこ豆、
ビール酵母、アルファルファ、
ココナッツオイル、バナナ、
リンゴ、海藻、クランベリー、
カボチャ、カモミール、
マリーゴールド、
セイヨウタンポポ、
トマト、ショウガ、
アスパラガス、パパイヤ、
グルコサミン、
メチルスルフォニルメタン(MSM)、
コンドロイチン、
ミネラル類
(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)
ビタミン類(A、D3、E)
乳酸菌
サツマイモ、エンドウ豆、
ジャガイモ、
エンドウ豆タンパク、
アルファルファ、
チキンオイル3.1%、
乾燥卵3.1%
チキングレイビー1.6%
サーモンオイル1.2%
グルコサミン
メチルスルフォニルメタン(MSM)
リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ
オオバコ、海藻
フラクトオリゴ糖
コンドロイチン硫酸
カモミール、セイヨウハッカ
マリーゴールド、クランベリー
アニス、コロハ
ミネラル類(鉄、亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン)
ビタミン類(A、D3、E)
特徴抗酸化作用の強い
アスタキサンチン多く含む
生サーモンを配合動物性たんぱく質
果物・野菜
栄養バランスがよい整腸作用が期待できる
乳酸菌を配合

高たんぱく・低脂肪

野菜や果物の配合量が少なく
動物性たんぱく質が高配合犬本来が必要とする栄養バランス

モグワンとカナカンは、どちらも良質な動物性たんぱく質がしっかり配合されているドッグフードです。

大きな違いは、モグワンはメイン原材料に「サーモン」を配合し、オメガ脂肪酸を原材料からも摂れる点にあります。

またどちらも穀物不使用(グレンインフリー)、犬の体に負担をかける添加物は使用していません。

穀物アレルギーや、合成添加物で皮膚に痒みが出る犬にも与えることができます。

モグワンとカナガン、栄養面からみる違い

モグワンカナガン
粗タンパク質30%33%
脂質12%17%
粗繊維3%3.50%
粗灰分8%9.00%
オメガ6脂肪酸1.63%2.80%
オメガ3脂肪酸1.18%0・90%
カルシウム1.40%1.86%
リン1.06%1.42%
カロリー約363kcal361.25kcal
グルコサミン非公開(カナガンより多い)1,000mg/kg
コンドロイチン非公開(カナガンより多い)700mg/kg

モグワンとカナガンは、粗たんぱく質・カロリーともあまり数値に変わりはありません。

ただし、サーモン配合のモグワンのほうが脂質が低く、オメガ3脂肪酸をしっかり摂ることができます。

被毛・皮膚、血管や脳、関節や足腰などの健康維持が気になる犬には、オメガ3脂肪酸が多いモグワンがいいでしょう。

関連記事>>>モグワンのカロリーと給餌量について

モグワンとカナガン、安全性からみる違い

モグワンとカナガンは、どちらも欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアしたペットフード専門工場で作られています。

原材料についても、供給元から届いた時点で品質テストにかけられ、パスしたものだけが生産ラインへ

さらに、出来上がったドッグフードはパッキング前にも厳しい検査にかけられ、安全を確かめたうえで袋詰めがされています。

関連記事>>>モグワンの安全性について

モグワンとカナガン・対象年齢からみる違い

モグワンは2020年1月にリニューアル後、生後2か月から与えることができるようになりました。

子犬から老犬まで与えることができるモグワンとカナガンですが、カナガンは脂質が多いことから比較的若い年齢の犬に与えやすく

モグワンは体重管理が必要な犬に与えやすいドッグフードでしょう。

 モグワンカナガン
対象年齢2か月~生後2か月~
おすすめの犬1歳~の犬
肥満が気になる
関節ケアをしたい犬
育ち盛り
運動量が多い
妊娠中・授乳期

モグワンとカナガン、食いつきの良さからみる違い

どちらも動物性たんぱく質をたっぷりと配合しているので、開封後の犬の喜びようは凄いものです。

ただどちらが匂いが強いかといえば、生のサーモンが配合されているモグワンのほうが飼い主としては香りが強いです。

ドッグフードを開封すると、カナガンは肉!!という香りですが、モグワンは生のサーモンが配合されているため少々生臭さを感じます。

そのためモグワンの口コミには「フードを開封すると臭い」といったものもあります。

ただ、飼い主が臭いと思うニオイは、犬には食欲をそそる香りのため、食いつきに関してはモグワンのほうがよいといえます。

モグワンのほうが好きだな

お魚が入ってるから、ドッグフードの香りが強いのもモグワンの特徴ね

食の細いワンコや偏食気味のワンコにはモグワンを試してみてください。

関連記事>>>モグワンを食べない原因・年齢別の対象方法

モグワンとカナガン、コスパからみる違い

 モグワンカナガン
通常価格3,960円3,960円
内容量1.8kg2kg
価格(100gあたり)約220円約198円

コスト的にはカナガンのほうがお値打ちです。

どちらも定期コース・まとめ買い割引など利用すれば、最大20%OFFで購入することができます。

関連記事>>>モグワンお試しキャンペーン最新情報

モグワンとカナガン、涙やけの改善にはどっちを選ぶ?

モグワンとカナガン、どちらも涙やけが気になる犬に食べさせたいドッグフードとして人気です。

どちらも、涙やけの原因となる人工添加物・動物性油脂類が配合されていないので、続けて与えることで徐々に涙がサラサラな状態に変化が期待できるドッグフードです。

また、グレインフリー・無添加・良質なタンパク質を配合しているので、消化吸収がよく鼻涙管のつまりを改善できることで涙やけを改善できたといった口コミも多くあります。

ただしカナガンのほうが脂質が多いため、運動量が少ない犬の場合には、モグワンのほうが実感力が高い可能性があります。

関連記事モグワンで涙やけが改善できる犬と治らない犬

モグワンとカナガンの違いまとめ

モグワンとカナガンはどちらもイギリスの同じ工場で製造され、株式会社レティシアンが輸入・販売をしていますが、日本で暮らす犬のために必要な栄養を考えて作られたのはモグワンです。

栄養バランスをトータルで考えた場合、カナガンとモグワンのコスパには大きな差はありません。

海外で暮らす犬と日本で暮らす犬には、運動量に大きな違いがあるため、モグワンとカナガンで迷った場合には、モグワンを試してみることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました